My First JUGEM

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1/14(火)〜1/16(木)1月中旬は「いつも」廻りで(新宿ゴールデン街「花の園」・新宿歌舞伎町「hanaya」・赤坂焼き鳥「鳳(おおとり)」等) | main | 1/19(日)5年間おつかれさまでした「蕎麦きり はるきや」<茗荷谷> >>

1/18(土)「YAKITORI燃WEST」<六本木>のおまかせコース&「ぬる燗 佐藤」<六本木>

0

     

    土曜日、寒かったですね〜、

    積もりませんでしたが、雪が舞う東京でした。

     

    そんな中、銀座で打合せ。

    お魚の業界に詳しい方と近況報告、情報交換の時間。

     

    打合せ終了後は、六本木へ移動。

    「このお店、行ってみて」

    と言われていた焼き鳥屋さんへ。

     

    六本木ヒルズ近くの、

    YAKITORI燃WEST (ヤキトリモエウェスト)

    なかなかの人気店のようです。

     

    料理は、コース5000円のみ。

    ドリンクとサービス料・税入れて8000~10,000円くらい。

    焼き鳥屋さんとしては、ボチボチの価格設定ですが

    最近は、このへんの価格帯のお店が熱いです。

     

    <掴み>って大事ですよね。まずはこの前菜から。

    「炭薫るバーニャカウダ」

     

    「笹身わさび」 ほどよい火の入りです。

     

    「砂肝」

     

    「寒鰤おでん」

     

    「くるみねぎま」 好き!W

     

    「肝 薬味ソース」

     

    「白子フリット」

     

    「心と春菊」  好き!W

     

    「南瓜とほうれん草のパン」

     

    「蓮根と完熟玉葱のつくね」 好き!W

     

    「オニオングラタンスープ」

     

    「せせりの幽庵焼き」 好き!

     

    「エルフランス」

     

    「そぼろ丼と鶏スープ」

     

    以上が、コースの全てとなります。

    ドリンクは、日本酒と国産ワインがおススメのようですが、

     

    やっぱり日本酒へ。

    日本酒も「おまかせ」スタイルで、メニューはないようです。

     

    「焼き鳥をメインにコースを組み立てる」

    たしかにありですね、ごちそうさまでした。

     

     

    せっかくなので、もう1軒!

    燃WESTから、六本木駅に向かう途中にあります、

    ぬる燗佐藤」へ立ち寄りました。

     

    このお店に来たら、やはり「ぬる燗」でしょう。W

     

    あん肝や、山葵つぶ貝、おひたし・・・

    お酒のアテもおいしいです。

     

    また、鶏を食べている・・・w

     

     

    落ち着いた雰囲気のお店です。

     

    今日も、日本酒いっぱい飲みました。

    ごちそうさまでした。

     

     

     

    ★ブログ内、画像や文面リンクフリーです。

    引用・コピーも出所を明記してリンクしていただければ

    事前了承なくてもご自由に。
    ============================

    ●僕のお仕事は、飲食コンサル・プロデューサー。
    の著者です。

     


    飲食業界に興味ある人は→ http://meroom.com
     

    ●飲食業界についてはもちろん、

    それ以外の業界の、販売・広告・企画・戦略・起業・

    セルフプロデュース等々気軽に相談できます。

    http://meroom.com/consarutameshi.html

     

    ●〇月〇日(日)15:00-17:00 飲食交流会<赤坂>

    会場: 未定(お問合せください)

       参加費1800円

    定員:15名

    申込:meroom@mb.infoweb.ne.jp

     

     

     

     

     

     

     

    - | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする