My First JUGEM

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12/29(日)年末ラストスパート(入谷の鰻「のだや」の忘年会&そういえばクリスマスなんてイベントも・・w、賑やか華やかな「銀座おむすびラウンジ」の夜や新宿ゴールデン街) | main | 1/3(金)東京に戻ろう!(静岡にも気軽にだけどなかなかのお店が・・・「魚のへそ」<静岡>&高速バスのメリットと失敗) >>

12/30〜1/2年末年始・静岡へ帰省(「フュージョンダイニング エフ」<小田原>・静岡のお酒・こぼれ寿司が大人気「大庄水産」<静岡>)

0

     

    みなさま、あけましておめでとうございます、

    今年もよろしくお願いします。

     

    年末12/30、毎年恒例の静岡帰省。

    そしてこれまた恒例の、小田急線ロマンスカー使用

    小田原経由帰り(小田原から新幹線)。

     

    ほんとは、熱海に行ってみたい海鮮のお店が

    あったんだけど、駅から7〜8分歩くとこで

    雨だったので断念。また今度。

     

    というわけで、新宿からロマンスカーで約1時間、

    小田原で一旦降りてのお昼ご飯。

     

    富士屋ホテル直営の「フュージョンダイニング エフ

     

    美味鶏(静岡の地鶏)のポワレ シャリアピンソース

     

    お肉に張りがあっておいしかったです。

    さすがホテルの直営、全体的にお上品な料理でした。

    2食分くらいいけそうです。w

     

     

    静岡に帰ってからは、普段見ないTV中心。w

    超久々の「レコード大賞」、

    お決まりの「紅白歌合戦」、

    最近よく見る「格付け」、定番の「相棒」・・・

     

     

    夕飯は、超高級系牛肉の「すき焼き」や、

    超脂がのったまぐろを中心とした魚介、w

    もちろん、

     

    おいしい静岡の日本酒も。w

     

     

    新年2日は、静岡の街の中へ。

    セノバやパルコあたりをフラフラしましたが

    初売りで、人が超いっぱい、まさにフラフラ。w

     

    夕飯は、

    大庄水産 静岡駅前店 へ。

     

    ここには、気になる1皿があったのです。

     

    この「こぼれ寿司」¥1380 を食べてみたくて。

    なるほど、最初のインパクト、値段、味、ボリューム、

    トータル満足度、「納得の1皿」でした。

     

    他にも、

    まぐろ寿司の盛り合わせ ¥1380

     

    みーるーむでも出していた「まぐろほほ肉のステーキ」。

    懐かしい〜w

     

    なかなかの人気店で(予約でほぼ満席、隙間少しで

    入り込めました)、使い勝手いい居酒屋さんでした。

     

    明日、1/3の夜に東京戻ります!

     

     

    ★ブログ内、画像や文面リンクフリーです。

    引用・コピーも出所を明記してリンクしていただければ

    事前了承なくてもご自由に。
    ============================

    ●僕のお仕事は、飲食コンサル・プロデューサー。
    の著者です。

     


    飲食業界に興味ある人は→ http://meroom.com
     

    ●飲食業界についてはもちろん、

    それ以外の業界の、販売・広告・企画・戦略・起業・

    セルフプロデュース等々気軽に相談できます。

    http://meroom.com/consarutameshi.html

     

    ●〇月〇日(日)15:00-17:00 飲食交流会<赤坂>

    会場: 未定(お問合せください)

       参加費1800円

    定員:15名

    申込:meroom@mb.infoweb.ne.jp

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    - | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする