My First JUGEM

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6/20(木)代々木ビストリア打合せ〜演劇「さよならは言わない」<シアター代官山>〜帰りに・・・××× | main | 「元素周期表で世界はすべて読み解ける」吉田たかよし<光文社新書>を読みました >>

6/21(金)入谷の鰻「のだや」立ち寄り& 飲食店の決算や労務の事務について

0

    金曜日、いつものように入谷の鰻「のだや」に立ち寄り。

    なんと!

    「三河産の鰻の新仔」(まかない)がお出迎え。
    昼飯食べてからの立ち寄りだったのに、ラッキー!!
    これならいくらでも食べれますよ〜〜 w
    やっぱり、おいしいな〜
    いつもおいしいけど、全国さきがけての新仔は特に
    ねっとり&柔らかい。

    で、今日のテーマは、

    「経理/決算関連・労務関連」と、
    7/6-7-8の朝顔市のときの対応、方針について」

    飲食店をオープンするときって、借り入れして大きな買い物を
    することが多いんです。その際に、支払い消費税が発生します。
    売上のさいにいただく、預かり消費税よりも、通常は多くなり
    ますので、決算で「還付」を受けれることが多いです。
    鰻屋さんの場合は、もともと法人で消費税の課税業者ですので、
    最初の2年の免税期間の予想消費税との比較をする必要もなく、
    還付となるでしょう。(場合によっては、還付を狙って
    最初からわざわざ課税業者になる必要もないときもあります。
    また最近、最初の半年で売上1000万円を超えるようですと
    2年の免税にならないお店もあります。)

    でも、決算前になっても税理士の先生からご指摘・ご説明が
    なかったので、先生交えてその辺のお話となりました。
    (消費税は1年たまると結構大きな金額になりますので
    決算近くなってきましたらある程度の準備も必要です。)

    他には、ご存じの方も多いと思いますが、この時期、
    職安/労働局の方から、年間の労働保険の申請と納付の
    書類が届いているはずです(7/10締切)。
    これと、これまたこの時期に申告する(7/10締切)、
    源泉徴収の半期の特例納付が重なっているはずです。
    これらの内容や、賃金台帳からひっぱってくる数字の違い
    について、知らないお店の方の方が多いはずですので、
    この辺の確認をしていました。
    実際に、社労士の先生の手続きで「?」の部分もありました。
    (もちろん、役所が決めているルールと、世の中の会社・店で
    実際にとっている行動や数字とのギャップはあります。
    それを知ったうえで、原則論を守りながら各種対応するのが
    大事だと僕は思っています。)

    はたまた飲食店や会社をやっている方で、会社に赤字ができたとき
    (特に会社を作った時に多いパターン)、自分が会社に貸付をしたとき、
    自分の給料と、会社からの返済をうまくバランスさせないと
    個人の税金や社会保険料、もったいないな〜と思うケースを
    決算書を見せてもらったときに多々見ることがあります。
    (小さなお店相手のときは、税理士の先生もアドバイスや対応が
    面倒なのかな・・・)

    お店って、通常の現場業務以外にも、結構数字・事務系の仕事って
    あるんですよ〜
    全部、税理士さんや社労士の先生が完璧にやってくれると
    いいんですけど、先生達もすっかり、忘れていたり後回しに
    しているときがありますし、苦手な分野がある方もいるようですし、
    そもそも専門の先生に御願いできないような、売上カツカツの
    お店も多いです。


    数字って、知らないと気づかないですからね・・・
    う〜ん、もったいない・・・



    のだやの2013年朝顔市(7/6〜7/8)の際の営業

     11:30〜22:30通し営業予定です
     (鰻の売切れの際にはご容赦ください。
      売れるときにいっぱい売りたいのですが
      いかんせん商品に<限界>はありますので)

     取扱い商品
      外売り ミニうな丼¥1000 うなぎ短冊¥400  
          生ビール¥500 おつまみセット(唐揚&枝豆)¥600
      店内 ランチ=通常通り、ランチ終了(14:30)後グランドメニュー
         1品もの/オススメ単品はなし、外売り商品は取扱い
         コースは前日までの予約なら受付
         つまり、うな重(ほおづき・あさがお・うぐいす)と
             ひつまぶしを商品として営業
         ドリンクは通常通り

    *全国から40万人の人が訪れるお祭りです。近隣の<かっぱ橋>でも
     同時にお祭りのようです。この3日間は<下町>散歩・デートで
     決まりですよね。ぜひ、のだやにもお立ち寄りください。
     僕も、3日間ずっと現場にいます。



    ★リンクフリーです。引用・コピーも出所として
    リンクしていただければokです。
    ============================

    ●僕のお仕事は、飲食プロデューサー・コンサル。
    「ランチは儲からない、飲み放題は儲かる」<講談社>
    「とりあえず生が儲かる理由」<講談社>の著者です。
    飲食業界に興味ある人は→ http://meroom.com


    ●6/29(土)18:30〜1人1本持込ワイン会<代々木ビストリア>

    ●7/13(土)18:30〜「1人1本持込ワイン会」<秋葉原・アンチョビ>

    ●7/14(日)15:00〜「定例飲食交流会」<四ツ谷>

    ●7/20(土)18:30〜1人1本持込日本酒会<赤坂こくりこ>




    - | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする